フォトグラフ、YouTube、スペースレンタル03.jpg
写真6-3.jpg
フォトグラフ、YouTube、スペースレンタル02.jpg

GLOSS 
CONTROL

グロスコントロールとは、弊社独自の考案する、研摩量配分と複数のコーティング種類により、ボディーの質感性を変える技術です。

通常のコーティングは、研摩後にコーティングを塗布し、乾燥させるのが一般的です。現代の主流はガラスコーティングですが、コーティング成分ポリシザラン成分を使用しているため、硬化後はどれも似たような質感になりやすいのが現状です。

ボディーの質感の好みは人それぞれにあると思います。グロスコントロールでは、コーティング性能と同時に、質感をデザインアプローチとしても表現していく考え元に、複数の質感バリエーションは可能です。

作業時の研摩圧や工程量配分等含め、仕上げコーティング剤の組合せにより、透明度や硬質度を表現していきます。

カウンセリング時に、お客様のご要望をお聞かせ下さい。

写真6-1.jpg
写真6-2.jpg
写真6-3.jpg
写真6-4.jpg

※グロスコントロールは、タイプB以上のメニューとさせていただきます。
塗装コンディションのより、アプローチの限界があります。

グロスコントロール写真追加02.jpg
グロスコントロール写真追加01.jpg