• Valkyrie Archie ヴァルキリー・アーチー G鈴木

ガラスコーティングに起こる得る問題 エピソード1

いよいよ、10月も終わり寒い季節になって来ました。今回は、以前にも本ブログにて書かせてもらいましたかまら現ガラスコーティングに起こり得る問題をお伝えしたいと思います。


最近、当店で多い施工依頼はガラスコーティング後の問題がある車です。現在、世の中には車のボディーを守るものとしては、ガラスコーティングが主流になっています。技術自体も特殊な作業なため、高価なものになっています


また同時にユーザーの方も「ガラスコーティングをすれば汚れない」や「ボディーの艶はコーティングで出すもの」と認識されている方が多く見られるようになりました。


ガラスコーティングは非常に優れたものであるのですが決して汚れないものではなく、汚れづらくさせるものであり、ボディー本来の艶にしても、そもそもはコーティング剤で出すものではありません。念入りな下地洗浄から手間をかけた研磨により、本質的な艶を出すことが出来るのです。


その上でコーティングを塗布する事により、初めて良い質感を出す事が可能となります。

しかし、それらは施工した直後であり、ポリシザランという物質を主としたガラスコーティングは、特に屋外保管で直射日光が当たり易い場所や日頃の洗車を怠ってしまう事があれば、ボディー上に問題を起こしてしまいます。

こちらは、に某ディーラーにて最高級ガラスコーティングを施工した車両の写真になります。

また、こちらは違う車両の写真です。※某ディーラー最高級コーティング施工二ヶ月後


これらは、既に洗車で落ちるレベルのものではありませんでした。何故、高価なガラスコーティング施工をしながらも、このようになってしまうのか。


次回は、その理由を交えながらガラスコーティングに迫る、その施工方法の問題をお話しさせて頂きたいと思います。

横浜市山手ヴァルキリーアーチー  G鈴木

神奈川県横浜市中区本牧間門25−11プロミネンス103

株式会社Valkyrie Archie

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示