• yumikosuzuki

コーティングショップとカーディテイリングプロショップの違い



今回は、コーティングショップとカーディティリングショップの違いを少しご説明させていただきたいと思います。


通常のコーティングショップとカーディテイリングショップ、及びプロショップの違いとはどこにあるのか。



主に、コーティングショップとはコーティング性能を売りにしたものであり、研磨等も含まれた内容とはされているものの、あくまでコーティングを全面にアピールせれているのが特徴です。1~2日間による短期間の施工店のイメージと感じますが、デイ―ラー施工も施工期間を考えるとコーティングショップの部類になるかと思います。



それでは、カーディテイリングショップとは、どのように違うのか?




カーディティリングとは、文字通り、「車を細部まで綺麗に美しく仕上げる」が本質にあります。カーディテイリングショップの多くは、コーティングショップ以上の細部に渡る全体のクオリティーを上げたものといえるかと想います。



また、コーティングショップの場合、下地処理の精度が曖昧なため、仕上がりも決して高いとは言えません。そもそも、車1台のボディー全体の精度をきちんと上げていくには、1日、2日間で仕上がるものではありません。


また、現コーティングの性能を見ても、特にガラスコーティングに於ける性能自体も限界があり、コーティングによってボディーが守られるということは無理があります。



きちんとした下地の洗浄と研磨作業がある程度の時間がなければ、艶質に於いても高いレベルでの達成は不可能であると言えます。


コーティング施工を選ばれる場合はのポイントとして、一つに金額面が挙げられるかと思います。数時間以内での5万円以下で、〇〇コーティングとあった場合、コーティングそのものと考えて良いかと思います。どのコーティング剤を使用しているかは、さほど意味を持たないので、それなりに綺麗で良いという方には良いのではないでしょうか。



しかし、デイテイリングの部分では、手が入る基準に限界があるという点から、それなりの予算を持たれている場合は、カーディティリングショップを間違いなくお勧め致します。




施工日数も最低3日間以上であれば、より精度は桁違いに上がるという点も、非常に大きい意味を持っています。


コーティングショップとは、コーティング性能による技術内容であり、カーディテイリングショップは下地処理に力を入れた本格的な技術内容というのが、分かり易いかと思います。



次回は、今回ご説明させていただいた「カーディテイリングショップ」では、どのような作業を行われているのかをお話しさせていただきたいと思います。




ディテイリング業界には、コーティング以外にもカーラッピングやペイントプロテクションフィルムなどの技術した会社も多数存在しますので、より多くの方にカーディテイラーとはいかなるものかを知っていただけたらと思います。





【Valkyrie Archie】

神奈川県横浜市中区本牧間門25-11プロミネンス本牧103





閲覧数:8回0件のコメント