• Valkyrie Archie ヴァルキリー・アーチー G鈴木

ポルシェ930  エピソード2



前回に引き続き、作業経過です。ポルシェ930となりますと、年式が古いながらもスボーティさとクラシカルな雰囲気を持つ、実に「良いポルシェ」ですね。

クラッチの重さは、現代の車とは比べものにならない重さですが、デザイン含め、シルエットすべてに独自な雰囲気が漂っています。


さて、まずは全体を洗浄。細かな所はいつもの様に専用ブラシにて汚れを落としていきます。

他、今回に関してはオプションご要望もあり、エンジンルーム内のクリーニング、コーティングもします。


そして、ヒンジ内も徹底的に綺麗にしていきます。

この時点では、あくまでシャンプー使用のみですが洗浄後は、特殊クリーナーにて「無機質」、「有機質」を取り除いていく作業をします。

研磨前による、この下地作りは2日間を要しますが、この処理が後の仕上げに大きく影響していきます。

ボディー全体を洗浄(細かい箇所も含め)し、通常はホイールを先に行いますが、問題はこちらの症状。


欧州車のモールに付着している症状と酷似していますが、白く濁り長い期間染み付いてしまっていると思われます。


軽い症状であれば、トルクの強いミニポリッシャーにてキズの置き換えをしながら消していきますが、このホイールに関しては、それらでは限界があると判断しました。

よって、今回に限っては特殊な研磨法にて、これらをほぼ確実に落としていきます。

【施工後】

ほぼ、新品のような状態まで仕上げる事が可能です。

ホイール作業は、ここまで。

次回ブログにて、ソリッドブラックに対しての研磨工程。そして仕上げに持っていきます。

最後は単に艶を出すだけでなく、潤い感を与える仕上がりにしますので、ご期待頂けたらと思います。

ご愛顧ありがとうございました。


横浜山手Valkyrie Archie(ヴァルキリーアーチー)



閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示