• Valkyrie Archie ヴァルキリー・アーチー G鈴木

日産ローレル カーコーティング Part2

更新日:2021年7月31日

今回はPart2です。さて、こちらのローレルは年式を考えても、塗装コンディション自体は素晴らしく、特徴としては「硬い塗装の部類」です。

※研磨圧傷消しのテストにて分かります。


ボディー全体には深めの傷が数か所あり、またボンネット、ルーフには強いクレーター(スポット)が付着しており、これらは長い年月をかけて直射日光とスケールの付着で、ボディーに染み付いているような状態でした。

こうなりますと、容易くクリーナーや研磨で取れるものではありません。

こちらに関しては、後の研磨工程にて詳細をお伝えします。

さて、まずは洗車、ホイールから各箇所、ボンネット内の際からドアヒンジ、トランク内の際と隅々を洗浄していきます。

【現状写真】

作業開始です。

この作業では、単に洗浄するだけではなく、隙間等に詰まっている油分を徹底的に取り除いていきます。

そして洗浄後に、スケール(無機質)除去作業を車のガラス以外の場所に施していきます。

このスケール除去作業は、何度も何度も塗布して行う事で、のちの仕上がりに影響して来ます。

そして、次に同じ手法で有機質除去し、油分が徐々に取れ始め、全体がスッキリした状態になり得ます。

これらの作業は研磨前に必ず行い、約3日間丸々かかる作業です。磨きを入れる前に、このような下地手順をすることで完全にボディーを素の状態にしてあげることで、普段の洗車もスムーズに行うことが可能となります。

そして、全体のマスキング開始です。

今回は、ここまでの投稿ですが、次回はいよいよ、研磨とサンディングによるクレーター消し作業です。

どのように艶が上がり、傷が取れていくか?を掲載したいと思います。

ご愛読、ありがとうございました。

予約制カーコーティング

横浜市山手ヴァルキリーアーチー


#かんたん投稿#塗装#クレーター#ローレル#研磨#ボンネット#ボディー#クリーナー#直射日光

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示