SUZUKI パレットSW

車両情報  施工前の状態

【施工メニュー】 フロンティアコース

 

2012年に新車購入。

 

走行距離17000km

既に8年経過している車両ですが、オーナー様がほとんど洗車をしていないとのことでした。

 

ボディー上はあらゆる箇所の塗装がはがれていたり、地肌が見えるほどの箇所も。

これら以外のすべての汚れ(スケール)を落としていきます。

 

 

 

 

洗車

まずはホイール。

 

こちらは隅々まで表面だけではなく、裏側までブラシを入れて洗浄していきます。

ホイール全ての洗浄が終わり、次にボディー全体のシャンプー洗車。

この洗車時にはボディーになるべく傷を入れたくないので、スポンジではなくマイクロファイバークロスを使用します。

(ガソリンスタンド等の一般洗車は粗いスポンジを使用)

 

次に、ホイール、ボディー上に付着している鉄粉を専用溶剤と粘土で一つずつ目に見える鉄粉をおとしていく作業です。

 

 

有機質、無機質を取り除くリムーバル(下地処理)

そして、さあ、これからコーティング!ではないのです。

ここからがプロショップの腕の見せ所であり、ディーラーや一般のコーティング屋さんとは違うところです。

 

まず、ボンネットを開け、サイドドア、トランクを開けた状態から、全ての細かい隙間から何から何まで有機質が付着していると思われる箇所。

または何かしら見える異物に対して弊社愛用の特殊なクリーナーで落としていきます。

この作業は、一つ一つ丁寧に、さらに細かい隙間の汚れを取り除きながらですのでこの処理を一般的には下地処理と言われていますが、弊社ではリムーバルという言葉を用いています。

 

有機質のスケール除去が完了した時点で次に同じような工程で、無機質を取り除く作業をしていきます。

 

ボディー上の頑固な汚れはもちろんの事、本当に些細な汚れまですべての箇所をクリーニングしていくので、この作業をきちんと行う、行わないのでは後のコーティング施工が完了したときに圧倒的な完成度の差が出ます。

 

ここまでで約3日弱かかりました。

 

 

 

磨き傷を入れない研磨

これら一連の作業が終了した時点で、各部分にマスキングを施し磨いていく準備をします。

 

この車両は、野外保管であったため、塗装の色あせプラス細かい傷が多数入っていました。

まずはこの傷が消せるようにマッチングさせたコンパウンド選択から始まります。

 

使用するバフは高ウール。

 

ここからの研磨は最低2日はかけて行うことになりますが、これらは車のコンディションや大きさなどによって異なってきます。

ボディーのあらゆる箇所をマッチングさせたコンパウンドでウールバフにより磨いていきます。

 

ここでの作業は大きな傷から小さな傷を確認していきながら研磨していきました。

 

ボディーが黒系ですと、汚れや傷そのものが目立ちやすい為、一つずつ丁寧に作業しました。

 

次にバフ交換をし、ウールからウレタンに変え、また違うさらに細かいコンパウンドで研磨。

この作業を行うことで、みるみるうちにボディー上の艶が復活してきます。

 

弊社は、低重心ダブルアクションというポリシャーのみで磨いていくので、通常よくみられる、”磨き傷”を入れてしまう行為を最低限に抑えることができます。

 

 

車に艶を出してコーティングするというアピール。業界ではよく使われているプロモーションですが、これらはあまり技術者が磨いたときに必ず入ってしまう”磨き傷”はほとんど触れられていません。

 

その理由として挙げられるのは、通常の施工環境ではダブルアクション研磨により研磨のチリ目(研磨によるほんの僅かな傷)や細かい傷までは物理的に見えないからです。

 

また、これはどんなに優れた技術者でも目で確認できる施工環境でなければ不可能に値します。

具体的に言えば、屋外や白い壁の施工ブースでは限界があります。

そうなるとやはりブラックブースが最も傷が確認できる理想の環境です。

(極上の磨きは、やはりブラックブースしかありません)

 

 

今回、この小さな軽自動車でも丸二日ほど、洗車から入れると丸5日かけています。

 

次に行った作業は、窓に付着しているいわゆるウロコ、ウォータースポットと言われる最も手ごわいスケールです。

 

今回の車両に関しては、弊社ウィンドウクリーナーを使用。

あまりに症状が酷かったため、専用クリーナーにポリッシャーと並行して使用し丁寧に汚れを落としていきました。

 

またオプションメニューでは、ウィンドウ撥水コートもありますが、今回はウインドウクリーナーにてスケール除去を行いました。

 

 

 

コーティング施工開始

ここで非常に大切なポイントがあります。

 

どのようなコーティングをするか、、、です。

 

世の中にはさまざまなコーティングがありますが、、やはりベストなのはオーナー様の意向に加え

どのようなライフスタイルか、車両の保管環境です。

これらは、最初のカウンセリング時にお客様のご要望に合わせたベストなコーティング剤をご提案させていただきます。

 

 

今回は、色がソリッドのブラック、オーナー様は普段洗車を行わないということでしたので施工したメニューは、弊社お薦めの水溶性樹脂コートです。※硬度4H

 

現在、コーティング施工と言えばガラスコーティングが主流ですが、弊社では安易にガラスコーティングをお薦めはしていません。理由は、無理にガラスコーティング施工をする事により、特に屋外保管の場合はスケール(無機質)は防げても、有機質をもろに(例 鳥糞など)付着させてしまうからです。

また、普段あまり洗車をしない方にはお勧めできません。

 

 

あくまで弊社のスタイルとしては、オーナー様の普段のライフスタイルに対し、最善の施工をご提供することが大切だと考えております。

 

よって、今回のソリッドのブラックボディーカラーに関しましては、傷埋めが浸透していく性能を持つ、水溶性樹脂コートを使用しています。

 

 

またドア内側ステップ、ヒンジ内はゴム系ワックス、また小さい樹脂パーツ、エンジンルーム内は可能な限り樹脂コート、箇所によってはワックス施工も施しております。

 

 

エンジンルーム内の説明は飛んでしまいましたが、各部分の汚れはブラッシング、プラス、手の入る範囲で状況で示した有機質、無機質に対してのスケール除去を行っています。

 

これらの一連の作業にて今回は完了。

 

 

弊社のスタイルの特徴のひとつとして磨きの行為前のボディ・リムーバル(下地処理)により、一点の汚れも見逃さず行っていることです。こういった細かい作業は、ディーラー系の作業では限界があります。

 

この辺りを、今回はより力をいれた作品となっています。

 

 

また、弊社では研磨なしのリムーバルメンテナンスも行っています。

絶大な効果を是非、体感して頂けたら幸いです。  G鈴木