ブラックブースサイト02.jpg
フォトグラフ、YouTube、スペースレンタル02.jpg

Black booth
& 低重心ダブルアクション研摩

弊社ブラックブース・パドックは、ボディー上の無数にある小さなキズを確認出来る事が特徴です。いかなる傷や外敵物を見逃さずに、精巧な研磨法を用いて綺麗に傷を消していくことをモットーとしています。

Black booth

当店のブラックブース内は通常のブース内では発見しづらい、ボディー上の本の僅かな傷を確認する事が可能です。これらの傷を塗装限界付近まで、消す作業により、初めてコーティング性能が活きて美観を整えていきます。

ブラックブースサイト03.jpg
ブラックブースサイト01.jpg
ブラックブースサイト02.jpg

車のコーティング施工をする上で、非常に重要な要素が2つあります。

一つは、細部まで手が加わった下地洗浄です。ボディーに付着する有機質、無機質を完全に取り除く作業です。

そして、もう一つは研摩作業です。この研摩作業は、どのコーティング施工でも通常行われるものですが、この研摩作業とは、単に磨いているだけではありません。

当社のようなプロショップでは、ボディー上にある無数な傷を消していきな
がら、艶を出していきます。

しかし、完全に消して行くには、目でその傷がきちんと見えていなければなりません。

そして、本の僅かな傷を目視していくには、ブースの全体がブラック色である事が必要不可欠です。


また、ブラックブース環境を最大限に活かすは、高性能LEDライトも完備しているのがベストな状態と言えます。


ヴァルキリーアーチーのブラックブース・パドックでは、これらの傷を見極めるために、2層式の艶消しブラック塗装を施しています。これらに加え、20数個の高性能LEDを設置しています。

このような施工を準備する事で、ボディー上のいかなる傷を見逃すことはなくなります。

また、研摩時には技術者側の研摩による傷も瞬時に確認出来るため、コーティング施工前に、ボディーを万全の状態にする事がブラックブースでは実現可能になります。

多くの施工された車にも関わらず、僅かな元の傷や、技術者側の磨きによる傷が残っていた状態でコーティングされているため、仕上がりの差ではブラックブースが大きなアドバンテージを持っています。

低重心ダブルアクション研摩技術

研摩による器具は現在、世の中には様々なものがありますが、当社では「低重心ダブルアクション」をメインで全ての工程を行い、作業します。

通常の施工と大きく違うのは、キズ消しの際に、綺麗にキズを消せる点に尽きます。(大半のコーティング施工車は、ボディーのキズを取る事が出来ていなく、磨き手の傷が残っているのが現状です)

また、クリア塗装を必要以上に研摩することなく、クリア塗装を労りつつ作業が可能となります。

ブラックブースと低重心ダブルアクション研摩技術は、最小限の研摩で最高の美観を創り上げます。

ミニポリッシャー01.jpg
ミニポリッシャー02.jpg

※狭い箇所等へは、ミニポリッシャーを使用致します。

深い傷への加圧研摩アプローチ

ボディー傷対する中・加圧研摩

ブラック・ディメンションブースの傷確認性能

スクリーンショット 2021-08-04 18.12_edited.jpg
アセット 1.png